時計修理

腕時計の修理はいくらかかるの?修理内容と費用相場を解説

腕時計の修理やオーバーホールを依頼する場合、何よりも気になってくるのが「費用」について。

メーカーに修理やオーバーホールを依頼するにしても、修理やオーバーホールの専門店に依頼するにしても、いくらかかるのかについては事前に知っておくべきだと言えます。

また、メーカーに依頼する場合と民間の業者に依頼する場合とでは費用が大きく異なってきますし、同じ民間の業者であっても、その費用は業者によって全然違います。

そこで今回は、時計の修理やオーバーホールにかかる費用の相場について紹介していきたいと思います。

損をしてしまわないためにも必須の情報だと言えるので、ぜひ参考にしてみてください。

時計の修理にかかる費用の相場

まず初めに、時計の修理にかかる費用の相場と、それぞれの修理の内容について紹介していきたいと思います。

電池の交換にかかる費用の相場

メーカーや時計の修理業者に依頼される修理の中で最も多いのが「電池交換」です。

時計は必要とする動力が少ないので電池の消耗は激しい方ではありませんが、それでも数年に1回は電池の交換をおこなわなくてはいけません。

メーカーでの電池交換の費用はメーカーによって異なりますが、6,000~8,000円程度が相場となっています。

一方、時計の修理やオーバーホールを専門におこなっている業者に依頼した場合の費用相場は、1,000~4,000円ほどとなっています。

電池交換の費用相場

  • メーカー:6,000円~8,000円
  • 専門店:1,000円~4,000円

バンドの調整やコマトリにかかる費用の相場

革製のバンドの調整や金属製のバンドのコマトリも、修理依頼として非常に多いものの一つです。

メーカーにバンドの調整を依頼する場合、1,000~2,000円程度の費用がかかります。

一方、民間の修理業者に依頼する場合の費用相場は、革製のベルトで200~300円程度、金属製のベルトで500円程度となっています。

ガラスの交換にかかる費用の相場

ある程度高価格帯の時計のガラスにはかなり耐久性の高いものが使用されています。

そのため、時計のガラスを交換する機会はそうそうないかと思いますが、やはり何年も使っていると交換が必要になってくるケースもあります。

メーカーにガラスの交換を依頼した場合の費用はモデルによって大きく異なってくるので一概には言えませんが、数万円程度はすると考えておくべきです。

一方、民間の修理専門業者に依頼する場合の費用については、使用されているガラスの種類によって異なり、

  • アクリル:6,000円〜
  • ミネラルガラス:10.000円〜
  • サファイアガラス:15,000円〜

上記がおおよその相場となっています。

針の修理にかかる費用の相場

時計をぶつけたり落としたりするなどしてしまった場合、時計の針に狂い生じてしまったり、うまく動作しなくなってしまったりすることがあります。

その際に必要になってくるのが針の修理です。

メーカーに依頼する場合の修理費用の相場は、10,000円~となっています。

一方、時計の修理を専門的におこなっている業者に依頼した場合の費用相場は、5,000~7,000円ほどです。

ココに注意

時計の針の修理は、時計の修理の中でも特にデリケートなものになる修理なので、民間の業者に依頼するときは業者選びに注意が必要になってきます。

こちらもCHECK
時計修理・オーバーホールを依頼したい!時計修理業者の選び方を解説

続きを見る

リューズの交換にかかる費用の相場

腕時計の針などの調整をおこなうリューズ。
そんなリューズも時計で不具合が発生しやすい箇所の一つです。

リューズに不具合が発生した場合は交換となることが多く、メーカーに交換を依頼する場合は数万円程度の費用がかかることになります。

民間の修理業者に依頼する場合は5,000円~依頼することができます。

研磨仕上げにかかる費用の相場

腕時計を長年使用しているとどうしてもキズがついてしまうものですが、研磨をおこなうことによってキズをなくし元の綺麗な状態にすることが可能です。

時計の研磨仕上げの料金はメーカーごとにかなり差があるため一概にいくらとは言えませんが、数万円程度はかかると考えておくべきです。

民間の修理業者に依頼する場合は、研磨をおこなう箇所によって費用の相場が異なります。

  • ケースとブレスレットの両方を研磨する場合:15,000~20,000円程度
  • ケースのみの場合:7,000~8,000円程度
  • ブレスレットのみの場合は:10,000円程度

上記がおおよその料金相場となっています。

時計のオーバーホールにかかる費用の相場

次に、時計のオーバーホールにかかる費用の相場についてみていきましょう。

オーバーホールの費用についてはブランドによって大きく異るため、ブランドで分けて紹介していきたいと思います。

ロレックスのオーバーホールにかかる費用の相場

オーバーホールの費用についても、メーカー側に依頼するか民間の業者に依頼するかによって価格が大きく異なります。

また、時計のモデルによっても価格に差が生じてきます。

メーカー側に依頼した場合と時計の修理やオーバーホールを専門におこなっている業者に依頼した場合の費用相場は以下のとおりです。

モデル名メーカーでの価格専門店での価格
エクスプローラー46,000円~30,000円~
デイトナ64,000円~43,000円~
サブマリーナ47,000円~30,000円~
ヨットマスター48,000円~35,000円~
GMTマスター48,000円~30,000円~
シードゥーエラー48,000円~30,000円~
デイトジャスト47,000円~30,000円~
デイデイト59,000円~36,000円~

時計のモデルによって差はありますが、平均すると18,000円ほど差があり、最大で20,000円前後差があります。

オーバーホールは定期的に行う必要あるので、これは大きいね。

オメガのオーバホールにかかる費用の相場

オメガのオーバーホールをメーカーに依頼した場合と民間の専門業者に依頼した場合の費用相場は以下のとおりです。

時計の種類メーカーでの価格専門店での価格
クオーツ47,000円~25,000円~
クオーツ・クロノグラフ52,000円~30,000円~
自動巻き 3針58,000円~35,000円~
自動巻き クロノグラフ78,000円~35,000円~
手巻き クロノグラフ78,000円~35,000円~

平均すると30,000円もの差があります。

フランクミュラーのオーバホールにかかる費用の相場

フランクミュラーの時計のオーバーホールをメーカーに依頼した場合と民間の業者に依頼した場合の費用相場は以下のとおりです。

モデル名メーカーでの価格専門店での価格
トノ―カーベックス40,000円~25,000円~
カサブランカ40,000円~25,000円~
コンキスタドール40,000円~25,000円~
ロングアイランド40,000円~25,000円~
ヴァンガード60,000円~30,000円~

ココがポイント

料金で選ぶなら民間の時計修理・オーバーホール専門店一択です。

こちらもCHECK
時計修理・オーバーホールを依頼したい!時計修理業者の選び方を解説

続きを見る

まとめ

時計の修理やオーバーホールにかかる費用相場について紹介してきました。

紹介してきたように、修理にしてもオーバーホールにしても、メーカーに直接依頼してしまうと金額がかなり高くなってしまいます。

民間の業者であって技術力が高く優秀な業者はたくさんありますので、ぜひ民間の業者への依頼も検討されてみてはいかがでしょうか?

2020年度最新版 腕時計オーバーホールおすすめ修理店

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

オロロジャイオ公式サイトへ


CIEN

No.2
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込/クレジットカード
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

CIEN公式サイトへ


WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

WATCH COMPANY公式サイト

-時計修理
-, ,

© 2020 時計修理ガイドブック