オーバーホール

時計修理・オーバーホールはメーカーへ依頼が正解?メリットとデメリットを紹介。

愛用の腕時計を長く使用するには、定期的なオーバーホールが必要です。

また、精度の狂いや巻き上げの違和感など、小さな不具合であっても後の大きな破損につながる危険があるため、時計修理を行ったほうが良いと言えます。

しかし「どこに依頼すればよいのかわからない」という方も多いかと思います。

時計修理・オーバーホールの依頼には、時計を販売するメーカーと時計修理を専門に行う時計修理店の2つの方法があります。

今回はメーカーと時計修理店、それぞれのメリットデメリットからどちらが時計修理・オーバーホールを行うのに最適かを解説していきます。

メーカーへ依頼するメリット・デメリット

メーカーへ依頼するメリット

メーカーのメリットは、高い技術力による安心感と、修理後のメーカー保証がある点です。

メーカーは当然ながら、他にはない圧倒的な設備や専属の時計技師による高い技術力を持っています。

メモ

特に特殊な時計の場合、時計修理ができる時計技師の数はかぎられているため、時計修理店では断られてしまうこと場合があります。

メーカーであれば、特殊な時計であっても対応できる場合が多いです。

また時計修理店では、使用しているパーツが純正ではない場合がありますが、メーカーはそのようなことはありません。

時計修理・オーバーホール後の保証は、各ブランドによって異なります。

ココがポイント

ロレックス修理やオメガ修理に関しては、2年間の国際保証がつきます。万が一、保証期間内に通常使用による不具合が発生しても無料で対応してもらえます。

メーカーへ依頼するデメリット

メーカーへ依頼するデメリットは、料金が高額になり納期が長くかかるです。

多くの場合、時計修理店よりも料金が高額になります。

メーカーには専属の技師による高い技術力や設備があるため、その分の費用だと考えれば高くなるのも仕方ありませんが、コストを抑えたい方にとってはデメリットと言えるでしょう。

以下の記事では、メーカーと時計修理店での修理費用相場を比較、解説しています。是非チェックしてみてください。

こちらもCHECK
腕時計の修理はいくらかかるの?修理内容と費用相場を解説

続きを見る

また納期も4週間~6週間、海外メーカーによっては、半年~1年かかることも珍しくないため注意しましょう。

メモ

海外メーカーはスイスやドイツなど製造元の工場でなければ、修理ができない場合もあるため、納期の長期化につながってしまいます。

時計修理店へ依頼するメリット・デメリット

時計修理店へ依頼するメリット

時計修理店へ依頼するメリットは、料金が安く納期が早い点です。

メーカーで時計修理・オーバーホールするよりも半額~7割前後の金額で、納期も最短で2週間前後でできる店舗もあります。

修理内容にもよりますが、ほとんどの場合メーカーよりも納期が短い点は大きな魅力と言えます。

時計修理店へ依頼するデメリット

デメリットとして、店舗によって技術力や修理対応に差がある点があげられます。

時計修理店の技術力によって、対応できる時計修理やオーバーホールの範囲が異なります。

ココに注意

高い技術力をもった時計技師が在籍していれば良いですが、そうでない場合受付を断られたり、最悪の場合腕時計に不具合が発生したりすることも考えられます。

また純正のパーツではなく安価なジェネリックパーツを使用している場合、純正よりも壊れやすいリスクもあります。

そのため時計修理店を検討している場合、店舗の技術力や対応力がどのくらいあるのかを確認することが重要です。

どうやって優良時計修理店を見分けるんだろう…

優良時計修理店の見分け方

時計修理店には技術力や対応力に差があるため、高い技術力のある店舗を見分ける必要があります。

優良な時計修理店の見分け方のポイントは、以下の通りです。

見分け方のポイント

  • 一級時計技能士やメーカー出身者など、確かな技術力を持った時計技師が在籍している
  • 年間数千~数万本といった豊富な修理実績を持っている
  • 修理後の保証がしっかりしている
  • 問い合わせや見積もりをした際の対応が丁寧

一級時計技能士は、時計修理の国家資格であり時計の実務経験が7年以上でないと受験資格がなく合格率も60%と、難易度の高い資格です。そのためこの資格を持つ時計技師は、高い技術力を持っていると言えるでしょう。

また、時計修理店の対応実績が多いほど、さまざまな時計修理やオーバーホールに対応できるため、受け付けを断られる可能性が低いことも理由としてあげられます。

修理後の保証も確認しておく必要があります。

優良な時計修理店であれば、通常使用による修理後の不具合は無料で対応してもらえます。通常1年前後の保証期間であることが多いため、こちらも事前に確認しておきましょう。

問合せ、見積もり時の対応を知るためには、実際に問合せ、見積もりを行う必要があります。問合せ、見積もりは無料の修理店が殆どですので、まずは気軽に問合せをしてみることをお勧めします。

また、中には宅配見積もりの送料・キャンセルの送料もかからない修理店もあります。

まずは気軽に問い合わせてみよう!

これらの情報の多くは時計修理店の公式ホームページを確認することで、情報を集めることが出来ます。

人気の時計修理店を例に見分けるポイントをチェックしてみましょう

時計修理店一級時計技能士在籍メーカー出身者在籍
オロロジャイオ
CIEN
WATCH COMPANY

 

時計修理店修理実例HP掲載
オロロジャイオ詳細をHPで確認する
CIEN詳細をHPで確認する
WATCH COMPANY詳細をHPで確認する

 

時計修理店修理保証保証期間
オロロジャイオ修理完了日より1年間※
CIEN修理完了日より1年間
WATCH COMPANY修理完了日より1年間※

※アンティーク時計は半年間

時計修理店見積り宅配送料見積りキャンセル時送料
オロロジャイオ無料無料無料
CIEN無料無料※ユーザー負担
WATCH COMPANY無料無料ユーザー負担

※修理料金が1万円未満の場合ユーザー負担

もちろん、ここで紹介した以外の時計修理店もたくさんあります。どこの修理店でも、チェックすべきポイントは同じです。

時計の修理・メンテナンス・オーバーホールは定期的に行う必要がありますので、是非ご自身に合った良い時計修理店を見つけてください。

少しでも優良時計修理店探しのお手伝いができたかなぁ。。。

時計修理・オーバーホールの優先順位を明確にしよう

時計修理・オーバーホールの方法として、メーカーと時計修理店のメリット・デメリット、そして優良時計修理店の見分け方を紹介しました。

ココがポイント

メーカー、時計修理店のどちらに依頼するにしても、自分がどのような点を優先するのかを明確にして依頼する店舗を決めることが重要です。

メーカーは確かな技術力安心感がありますが、高い料金納期がデメリットです。
「コストや納期を気にせず、安心して腕時計を預けたい」という方は、メーカーへの依頼がおすすめです。

時計修理店は、低価格スピーディな納期が魅力ですが、店舗によって技術力に差があります。

そのため一級時計技能士やメーカー出身者など高い技術力を持った時計技師が在籍しているか、年間の修理対応実績が多い時計修理店かを確認してから依頼するようにしましょう。

「コストを抑えてすぐに時計修理を行いたい」という方は、時計修理店がおすすめです。

先に挙げた優良な時計修理店の見分け方るポイントを実践しましょう

2020年度最新版 腕時計オーバーホールおすすめ修理店

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

オロロジャイオ公式サイトへ


CIEN

No.2
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込/クレジットカード
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

CIEN公式サイトへ


WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

WATCH COMPANY公式サイト

-オーバーホール
-, ,

© 2020 時計修理ガイドブック