ブランドからさがす

ロレックスのオーバーホール 料金の目安や頻度とおすすめの修理店を解説

ロレックスの腕時計を長く使用し続けるためには、定期的なオーバーホールが必須です。

腕時計のオーバーホールには修理をするためだけでなく、点検の意味合いも大きいため、壊れていないからといって、長期間オーバーホールをしないのは危険です

しかし「ロレックスのオーバーホールはどこで行えばよいのか」「どのくらいの費用がかかるのか、安い時計修理店はどこなのか」という悩みを抱える方も多いかと思います。

分からないことがいっぱいあるなぁ。。。

そこで今回は、ロレックスのオーバーホールにかかる料金目安と推奨頻度、そしておすすめの時計修理店をご紹介します。

ロレックスの腕時計にオーバーホールが必要な理由

ロレックスは、高い精度堅牢さで人気の時計ブランドです。

なぜロレックスのような堅牢性の高い時計でも、オーバーホールが必要なのでしょうか。

ロレックスをはじめとした機械式時計はケースの堅牢性が高くても、内部には細かな部品がいくつも組み合わされて動いています。

そのためわずかなズレが生じたり、部品の一部に不具合が発生したりすると、連動している他の部品にも影響が出てしまいます。

ココがポイント

オーバーホールは、このような小さな異変をいち早く発見修正することで、腕時計への影響を最小限に抑えるメンテナンスとしての役割があります。

また各部品の重なっている部分には、摩擦を防ぐための油が塗布されています。

この油は、年月が経つと劣化してしまうため、オーバーホールによって新たに油を塗布する必要もあります。

ココに注意

腕時計はとても精密な機械のため、小さな異変を放置してしまうと後に修理不可能になってしまうような大きな故障へとつながる可能性もあります。

そのため必ず定期的にオーバーホールを行いましょう。

オーバーホールって大事なんだな

ロレックスのオーバーホールの料金目安と推奨頻度

ロレックスのオーバーホールの推奨頻度は、使用状況によって変わりますが、一般的に3~5年に1度と言われています。

この期間内にオーバーホールを行っていれば、多くの場合部品の交換などは発生しません。

ココに注意

反対に推奨期間を大きく超えてオーバーホールを行った場合、部品の摩耗や破損によって部品交換が発生し、費用が高額になる可能性があります。

定期的にオーバーホールするべきだね!

料金の目安は、メーカーによる正規修理と、民間の時計修理店によって大きく異なります。

2020年5月時点でのメーカー料金価格の目安は下記の通りです。

モデルオーバーホール料金
サブマリーナ ノンデイト(114060、14060M、14060等)47,520円~
サブマリーナ デイト(116610LN、16610、16800等)48,600円~
コスモグラフデイトナ(116500LN、116520、16520等)60,000円~
GMTマスターII(116710、16710等)48,600円~
エクスプローラーI(214270、114270、14270等)46,440円~
エクスプローラーII,ミルガウス(216570、16570、116400GV等)48,600円~

上記の価格はオーバーホールの基本料金のため、部品交換が発生した場合さらにパーツ代が追加されます。

時計修理店の料金目安は店舗によって異なりますが、上記のメーカー価格の5~7割前後です。安いところでは、半額近い価格でオーバーホールが可能です。

ココに注意

しかしいくら安いからといって、それだけで選んではいけません。

時計修理店では、店舗によって技術力の品質が異なるため、技術力が低いとオーバーホールを行っても、反対に腕時計に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

そのため一定の技術力を持った時計修理店を見極めることが重要です。

こちらもCHECK
時計修理・オーバーホールを依頼したい!時計修理業者の選び方を解説

続きを見る

ロレックスのオーバーホールにおすすめの時計修理店

ここではロレックスのオーバーホールにおすすめの時計修理店を3店舗紹介します。

オロロジャイオ

まず、ロレックスのオーバーホールにおすすめの時計修理店は、「オロロジャイオ」です。

オロロジャイオでは、時計修理に関する国家資格である「1級時計修理技能士」「2級時計修理技能士」を保有している技能士が、修理やオーバーホールの対応を行うため、質の高いメンテナンスを受けることが出来ます。

公式サイトから無料で修理、オーバーホールの郵送サービスに申し込むことが出来ます。

ココがポイント

見積りをキャンセルした場合も返送料はかからないので、まずはお気軽に問い合わせることをお勧めします。

オロロジャイオのロレックスオーバーホール料金表は下記となります。

種類モデル例オーバーホール料金
手巻きチェリーニ18,000円
フォーマルデイトジャスト等20,000円
スポーツモデルサブマリーナ等22,000円
クロノグラフデイトナ35,000円
オールドモデル4桁型番・デイデイト25,000円~

※全て税抜の基本料金となります。

こちらもCHECK
時計修理・オーバーホール専門店の「オロロジャイオ」口コミやおすすめの理由を徹底解説

続きを見る

オロロジャイオ公式サイトはこちら

 

CIEN

次にロレックスのオーバーホールにおすすめの時計修理店は「CIEN(シエン)」です。

CIENでは、元ロレックスの技術者メーカー修理部門の元技術者など高いスキルと経験を持った技術者が多数在籍しており、安心して時計修理を任せることが出来ます。

さらに、研磨による新品仕上げのクオリティーが高い点が特徴です。

ココがポイント

オーバーホールと一緒に新品仕上げを依頼することで、新品仕上げの価格が半額以上安くなるセット割引も行っているので、CIENへオーバーホールを依頼する際は是非利用をお勧めします。

CIENのロレックスオーバーホール料金表は下記となります。

種類オーバーホール料金新品仕上げセット料金
手巻き23,000円31,000円
自動巻き(カレンダー無)23,000円31,000円
自動巻き(カレンダー有)23,000円31,000円
GMT・ダイバーモデル23,000円31,000円
デイデイト26,000円36,000円
コスモグラフ デイトナ34,000円42,000円

※全て税抜の基本料金となります。

こちらもCHECK
時計修理オーバーホール専門店「CIEN」口コミやおすすめの理由を徹底解説

続きを見る

CIEN公式サイトはこちら

 

ウォッチ・ホスピタル

つづいて、ロレックスのオーバーホールにおすすめの時計修理店は、「ウォッチ・ホスピタル」です。

ウォッチ・ホスピタルでは、時計修理やオーバーホールを年間2万件以上対応している実績があります。

外装研磨にも対応しており、新品同様のケースに仕上げることも可能です。

銀座店、新宿店、神田店の3店舗の他に、WEB受付による郵送対応を行っているため、全国どこでも対応してもらうことができます。

郵送は、配送料・見積もりが無料で依頼でき、納期は約4週間です。

ウォッチ・ホスピタルのロレックスオーバーホール料金は下記の通りです。

種類オーバーホール料金
手巻き式時計23,000円
自動巻き23,000円
自動巻き(デイデイト)30,000円
クロノグラフ40,000円

ロレックスを長く使い続けるために

ここまでロレックスのオーバーホールの料金目安と、推奨頻度、そしてロレックス修理・オーバーホールにおすすめの時計修理店をご紹介しました。

ロレックスは精密で堅牢性が魅力の時計ですが、定期的なオーバーホールをしなければ、内部の部品が劣化し、破損につながってしまいます。

そのため腕時計が正常に動いていたとしても、3~5年に一度はメンテナンスとしてオーバーホールが必要です。

定期的にメンテナンスすれば何世代も使えるぞ!

ロレックスのオーバーホールには、メーカーによる正規修理店と民間の時計修理店から選択可能です。

メーカーでは、高い技術力と安心感が魅力ですが、その分費用と納期がかかります。

時計修理店では店舗によって技術力に差がありますが、高い技術力を持つ時計修理店では、メーカーの半額近い料金短い納期でオーバーホールをすることができます。

ココがポイント

この記事でおすすめした時計修理店は、確かな実績と熟練の時計技師が在籍しているため、安心してオーバーホールを依頼できます。

定期的なオーバーホールを行って、愛用のロレックスを長く使用し続けましょう。

どこの修理店も宅配で受け付けているんだな。便利だなぁ。

2020年度最新版 腕時計オーバーホールおすすめ修理店

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

オロロジャイオ公式サイトへ


CIEN

No.2
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込/クレジットカード
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

CIEN公式サイトへ


WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

WATCH COMPANY公式サイト

-ブランドからさがす
-,

© 2020 時計修理ガイドブック