オメガ ブランドからさがす

オメガ人気モデル!シーマスターの修理はここがおすすめ!正規修理店と比較!

 

オメガ人気モデル!シーマスター

「シーマスター」アクアテラ・ダイバー300M・プラネットオーシャンなどのラインナップからなるオメガの人気モデルです。

初登場は1957年と歴史も長く、その時代ごとの需要に合わせて進化してきたました。そのためダイバーズウォッチの中でもデザインが豊富なモデルシリーズです

 

また、多くの著名人からも愛されてきたシーマスターですが、その知名度をさらに高めたのが映画007のジェームスボンドです。映画とのコラボモデルとして数多く発表された「ジェームスボンドモデル」もシーマスターの人気ラインです。

ダイバーズウォッチながら、スタイリッシュなものからアンティークなものまで豊富なデザインがあるのが魅力ですね!

シーマスターのよくあるトラブルと原因

それでは、修理業者の実例をもとに、「オメガ シーマスター」に起こりうるトラブルと原因について紹介します。

類似する症状が出ていないか、セルフチェックをしてみましょう。

こんな症状が現れたら要注意!
  • リューズの反応が悪い
  • プッシャーの危機が悪くなった
  • 秒針の動きが遅い
各トラブルの原因を紹介するよ!

  • リューズの反応が悪い

ほこりや汗が染み込んで行きやすいことが、リューズの特徴でもあります。

特に汗・水蒸気が侵入した場合は、内部部品の錆・腐食につながってしまいます
リューズ操作後はちゃんとロックがされているかきちんと確認しましょう。
また、ケース内に曇りなどが見られた際は、悪化する前に修理を依頼しましょう。

1年目・2年目であれば簡単なブラッシングで対策を施せますが、長期利用しているならリューズ及び内部のオーバーホール(内部洗浄)を行うことが望ましいといえるでしょう。

  • プッシャーの効きが悪くなった

ストップ機能が付随するクロノグラフに多く見られる症例ですが、繊細な造りになっているため衝撃によるダメージを受けている可能性があります。

日常の使用で丁寧に扱うことももちろん大切ですが、万が一、大きな衝撃を与えてしまった際は内部で破損している部品がないか一度見てもらうのが良いでしょう。

  • 秒針の動きが遅い

4年または5年以上長く使用していると、一つ1つの部品を形成する時計のムーブメントにおいて油の不足・劣化につながります。

メンテナンスとしてオーバーホールを施す、またはお手持ちのシーマスターを専門家に診断してもらったうえ、プッシャーの交換をすることも効果的です。

オイルの不足・劣化については経年でどうしても起こる現象です。
しかし、オーバーホールを行っていればその度にオイルの調整を行ってくれるので、悪化して部品が摩耗・破損する可能性が低くなります

 

どれも経年による不具合だね!

シーマスターは厳しい環境の中でも高いパフォーマンスを発揮できるよう、耐久性に優れた設計になっているため、長い間メンテナンスに出していなくてもパフォーマンスが衰えにくいのが特徴です。

つまり、内部で起こっている不具合を実感しにくいため、こうしたトラブルに発展した際に、既に深刻な状態に陥ってしまっているケースも多いのです

だからオーバーホールが大事なんだね!でもどこへ依頼したら良いんだろう?

シーマスターの修理費用を比較

スウォッチグループジャパンWEBサイトより

オメガの正規サポートは「スウォッチグループ」です。

スウォッチグループ一般の時計修理・オーバーホール専門店のシーマスターのオーバーホール料金をそれぞれ紹介します。

 

シーマスター

スウォッチグループオロロジャイオCIENWATCH COMPANY
料金¥56,000~¥28,000~¥30,000~¥28,000~
納期約1.2ヶ月約3週間~約3週間約2週間
一般の時計修理店の方がスウォッチグループより50%近く安いんだね!
でも実績や評判はどうなのかな…

 

オロロジャイオの修理実績

シーマスター

以前はロレックスの時計をオーバーホールしていただいたリピーターのお客様で、今回はオメガシーマスターのオーバーホールのご依頼をいただきました。
調子は悪くないように思われていましたが油切れの状態で部品の摩耗が見られました。
キャンペーンのタイミングやリピーター様ですと割引がございます。

修理実例
オーバーホール¥18,000
ゼンマイ¥4,000
切替車¥4,200
角穴車¥2,400
減速車¥1,600
(消費税¥3,020)
合計¥33,220
湿気による錆びでかなりの部品交換が必要になってしまいまいました。
ケースが曇るなどの症状がある際はすぐに修理へ出しましょう!

 

オロロジャイオおすすめポイント

  • 経験10年~30年の技能士だけが在籍
  • 1級時計修理技能士、2級時計修理技能士が対応
  • ブランド別に定期的に割引キャンペーンの実施あり

オロロジャイオ公式サイトはこちら

CIENの修理実績

シーマスタープロフェッショナル300 ref:2531-80

内部ムーブメント水入りのためオーバーホールが必要となります。
水入りの場合、内部パーツが錆びてしまうため水滴が生じた際は早くにメンテナンスに出されるのが望ましいです。
今回は錆が生じる前でしたので、オーバーホールの際に傷んでいるパーツの交換にて対応させて頂きました。

修理実例
オーバーホール¥23,000
新品仕上げ¥12,000
パッキン¥1,000
ゼンマイ¥5,000
(消費税¥4,100)
合計¥45,100
こちらも内部浸水による症例です。
部品に錆ができる前でよかったですね。

 

CIENおすすめポイント

  • 元メーカーの技術者が在籍
  • オーバーホールと同時利用で新品仕上げ(研磨)が半額以下に
  • クレジットカードでのオンライン決済可

CIEN公式サイトはこちら

WATCH COMPANYの修理実績

シーマスタープロフェッショナル クォーツ

ムーブメント内部に汚れが発生している状態でした。
クォーツ時計の動作を統制している電子回路が破損していたため、電池交換をしても正常に動作しない恐れがございました。
オーバーホールの際に交換させていただきました。
ブレスレットのピンはお預かりした余り駒(調整駒)の物を使用して対応いたしました。

修理実例
オーバーホール¥15,000
外装仕上げ¥10,000
交換部品¥10,000
・電子回路
・バネ棒
・ブレスレット修理
(消費税)(¥3,500)
合計¥38,500
定期的なメンテナンスのおかげで悪化が防げましたね。

 

WATCH COMPANYおすすめポイント

  • 納期2週間から対応可
  • 専属時計技師30人以上が在籍
  • 月間1300本以上の実績あり

WATCH COMPANY公式サイトはこちら

 

まとめ

シーマスターは多くのムーブメントから形成されていることもあり、丁寧に使っていてもメンテナンスは必要になります。

プッシャーの不具合や錆びの発生など、経年変化による劣化は思わぬところで生じていることも。

したがって、3~4年の間に1度はプロフェッショナルに検査してもらうことが適切な判断といえるでしょう

本記事の中でピックアップしてきたのは、折り紙付きの時計修理専門業者です。

年間対応本数、シーマスターをはじめ数々の時計のメンテナンス・修理に尽力した実績から、油の乾き・錆び、ひいてはネジの外れなど、細かな点も見逃しません。

シーマスターの魅力を再認識し、いつまでも愛用できるよう定期的にオーバーホールを施しましょう!

最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました。

みなさんの時計メンテナンスのお役に立てば幸いです!

 


 

2021年度最新版 腕時計オーバーホールおすすめ修理店

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

オロロジャイオ公式サイトへ


CIEN

No.2
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込/クレジットカード
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

CIEN公式サイトへ


WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

WATCH COMPANY公式サイト

-オメガ, ブランドからさがす

© 2021 時計修理ガイドブック(全国検索ガイド)