ブランドからさがす

オメガのオーバーホール 料金の目安や頻度とおすすめの修理店を解説

オメガの腕時計を長く使い続けるには、オーバーホールを行う必要があります。

オーバーホールは、時計修理のために行う印象が強いですが、実際は時計の内部に異常がないか確認する点検作業の要素が強いため、定期的なオーバーホールが必要となります。

しかし時計修理を扱っている店舗はメーカーだけでなく、家電量販店や時計修理店など多くあり、「どこを選べば良いのかわからない」という方も多いかと思います。

どこに依頼しようかな...

今回は、オメガのオーバーホールの料金目安や最適な頻度、そしておすすめの時計修理店をご紹介します。

オーバーホールとは?

オーバーホールとは

オーバーホールとは、時計を分解し点検・洗浄するメンテナンスのことを指します。

車に車検が必要なように、時計にも定期的なメンテナンスが必要です。

なぜなら時計の内部には、部品の摩耗を防ぐため潤滑油が使われていますが、年月が経つと劣化が生じます。

ココに注意

そのまま放置してしまうと、部品の摩擦が生じて傷ついたり、破損したりといったトラブルにつながります。

そのため長く安心して腕時計を使用するには、定期的なオーバーホールを行う必要があります。

オメガの新しい腕時計の場合、内部の摩擦が起こりにくい「コーアクシャル機構」を搭載しています。

このコーアクシャル機構は、摩耗が少なく壊れにくいのが特徴ですが、機械の構造が複雑になります。

そのため時計修理を扱っているからと言って、必ずしもオーバーホールに対応できるとはかぎりません。

現在コーアクシャル機構を搭載している腕時計はオメガだけといわれてるね。

コーアクシャル機構のオーバーホールは、メーカーや高度な技術を持った時計修理店に依頼する必要があります。

オメガのオーバーホールの最適な頻度・料金目安

オメガの腕時計の最適なオーバーホールの期間は、機械式時計で3~5年に1度電池式時計で4年に1度となっています。

コーアクシャル機構を搭載している時計は8~10年に1度ですが、その期間内であっても、時計の精度に狂いが生じたり動作に不具合があったりした場合、すぐにオーバーホールを行いましょう。

腕時計に不具合が生じるということは、内部の機械に何かしらのトラブルが発生していることが考えられます。

ココに注意

このトラブルを放置して使用を続けると、大きな破損につながり最悪の場合、時計修理店でも修理ができなくなってしまうこともあります。

日頃から腕時計の動作や精度を確認しておくことをおすすめします。

オメガの腕時計のオーバーホールを依頼するには、メーカーと時計修理店の2つの方法があり、それぞれ料金や納期が多く異なります。

メーカーでは

メーカーは、ブランドならではの安心感技術力がありますが、その分費用納期が多くかかります。

時計修理店では

時計修理店の場合、メーカーよりも費用は抑えられますが、店舗によって技術力に差があります。

技術力の高くない店舗では、コーアクシャル機構やアンティーク時計は断られることもあります。

ココがおすすめ

しかし時計修理店の中には、メーカーと遜色ない技術力を持つところもあるため、そういった店舗に依頼すればコストを抑えて高い技術力によるオーバーホールを受けることができます。

メーカーと時計修理店の料金目安と納期は、モデルによって異なります。

メーカー(オメガ)でオーバーホールをした場合


スピードマスター

電池式腕時計(クォーツ)52,000円~
機械式腕時計78,000円~
納期約6週間

シーマスター・デビル・コンステレーション

電池式腕時計(クォーツ)47,000円~
機械式腕時計58,000円~
納期約6週間
確かに費用と納期がかかるなぁ。。

時計修理店でオーバーホールをした場合


スピードマスター

電池式腕時計(クォーツ)35,000円~
機械式腕時計40,000円~
納期約2~4週間

シーマスター・デビル・コンステレーション

電池式腕時計(クォーツ)16,000円~
機械式腕時計20,000円~
納期約2~4週間
メーカーと比べると圧倒的に費用と納期が優れているね!
技術力のある時計修理店に依頼出来れば安心だね!

オメガのオーバーホールにおすすめの時計修理店

ここではオメガのオーバーホールにおすすめの時計修理店を2店舗紹介します。

オロロジャイオ

まず、オメガのオーバーホールにおすすめの時計修理店は、「オロロジャイオ」です。

オロロジャイオでは、時計修理に関する国家資格である「1級時計修理技能士」「2級時計修理技能士」を保有している技能士が、修理やオーバーホールの対応を行うため、質の高いメンテナンスを受けることが出来ます。

公式サイトから無料で修理、オーバーホールの郵送サービスに申し込むことが出来ます。

ココがポイント

見積りをキャンセルした場合も返送料はかからないので、まずはお気軽に問い合わせることをお勧めします。

オロロジャイオのオメガオーバーホール料金表は下記となります。

種類モデル例オーバーホール料金
クオーツコンステレーション・デビル等15,000円
オートマチックシーマスター・レイルマスター等18,000円
コーアクシャルシーマスター・デビル等24,000円
クロノグラフスピードマスター等28,000円

※全て税抜の基本料金となります。

こちらもCHECK
時計修理・オーバーホール専門店の「オロロジャイオ」口コミやおすすめの理由を徹底解説

続きを見る

オロロジャイオ公式サイトはこちら

 

ウォッチ・ホスピタル

つづいて、オメガのオーバーホールにオススメの時計修理店は「ウォッチ・ホスピタル」です。

全国対応のインターネットでの修理受付をはじめ、銀座、新宿、神田に店舗を構えています。

一級時計技能士が在籍している点や、時計修理やオーバーホールを年間2万件以上対応している豊富な実績があるため、安心して依頼できます。納期も最短で2週間とスピード対応もポイントです。

オメガ独自の複雑機構「コーアクシャル機構」の修理・オーバーホールにも対応しており、オメガ純正のパーツを取り扱っています。

ウォッチ・ホスピタルのオメガオーバーホール料金は下記の通りです。

種類オーバーホール料金
電池式時計(クォーツ)16,000円
手巻き式・自動巻き時計18,000円
自動巻き時計(オールドモデル)25,000円
クロノグラフ28,000円
クロノグラフ・日付表示あり40,000円
コーアクシャル
自動巻時計
30,000円~
コーアクシャル
クロノグラフ
50,000円~

オーバーホールを行いオメガの時計を長く使おう

ここまでオメガの腕時計のオーバーホールの最適な頻度料金目安、そしてオメガ修理・オーバーホールにおすすめの時計修理店をご紹介しました。

オメガはデザインや外装にこだわっているだけでなく、摩耗が少ない独自の「コーアクシャル機構」を搭載するなど、高い技術力が魅力の時計です。

そのためオーバーホールや修理にも高度な技術が必要なため、高い技術力を持った時計修理店に依頼しなければいけません。

メーカーでもオーバーホールはできますが、コストや納期がかかるため、技術力を持った時計修理店に依頼することをおすすめします。

今回紹介した時計修理店は技術力もありおすすめするぞ!
他の店舗も調べたいなら以下の修理店も確認してみては如何かな。

2020年度最新版 腕時計オーバーホールおすすめ修理店

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

オロロジャイオ公式サイトへ


CIEN

No.2
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込/クレジットカード
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

CIEN公式サイトへ


WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

WATCH COMPANY公式サイト

-ブランドからさがす

© 2020 時計修理ガイドブック