ブランドからさがす

iwcのオーバーホール 料金の目安や頻度とおすすめの修理店を解説

IWCの腕時計を長く使い続けるには、定期的なオーバーホールを行う必要があります。

IWCを販売するメーカーのリシュモンでもオーバーホールや時計修理は可能ですが、時計修理店や家電量販店よりも、費用や日数が多くかかります。

反対に時計修理店や家電量販店では、費用が安く納期も早い点がメリットですが、技術力に差があるため優良な店舗を選ぶ必要があります。

今回は、IWCのオーバーホールにかかる費用の目安最適な頻度を解説し、時計ブランドIWCのオーバーホールにおすすめの修理店をご紹介します。

オーバーホールの必要性と最適な頻度

オーバーホールとは

オーバーホールとは腕時計を分解・洗浄し再び元通りに組み立てを行うことを指します。

IWCを販売するメーカーであるリシュモンでは、修理の必要がなくてもオーバーホールを行うことを推奨しています。

なぜ壊れていなくてもオーバーホールを行う必要があるのでしょうか。

その理由は、時計の内部に塗られた潤滑油の経年劣化を防ぐためです。

腕時計の内部には、機械の部品の摩耗を防ぐために潤滑油が塗られていますが、年月が経つと潤滑油が蒸発したり凝固したりしてしまいます。

これを放置すると、部品同士が摩耗し、傷や破損の原因となり精度の狂いや動かなくなってしまうトラブルにつながってしまいます。

オーバーホールに最適な頻度は、手巻きや自動巻きといった機械式時計が3~5年に1度、電池で駆動するクォーツ式時計が4年に1度とされています。

しかしこの期間よりも短かったとしても、時計の動作がおかしかったり進みや遅れが見られたりする場合は、時計の不具合が考えられるためオーバーホールをしたほうが良いです。

不具合を放置したまま使用を続けていると、内部の部品が破損し修理ができなくなってしまうこともあります。

ココがポイント

オーバーホールには、時計修理だけでなく時計の破損を防ぐメンテナンスとしての要素もあるため、時計の不具合は見逃さず、おかしいと感じたらオーバーホールを依頼しましょう。

定期的なメンテナンス(オーバーホール)が大切な時計を長く使う秘訣なんです。

IWCの腕時計オーバーホールの料金目安

オーバーホールは、時計の販売元であるメーカーや家電量販店、時計修理店などで行ってもらうことができます。

メーカーでの時計修理

メーカーでの時計修理は高い技術力が期待できますが、その分費用が高額になり、納期も平均して一ヶ月以上と長くかかります。

家電量販店での時計修理

家電量販店は料金が安い点が魅力ですが、技術力が高くないため時計の種類によって受け付けを断られたり、最悪の場合時計の状態がさらに悪化したりしてしまうこともあります。

時計修理専門店での時計修理

時計修理専門店では時計修理のみを専門に行なっているため、高い技術力があり費用も抑えられる点が特徴です。

メーカー、時計修理店でのオーバーホール料金の目安は、下記の通りです。

モデルメーカー標準価格時計修理店の価格相場
手巻き時計56,500円~23,000~25,000円
自動巻き時計56,500円~23,000~30,000円
メーカーと修理専門店でかなり価格が違うんだね。
技術力のある専門店にお願いできたら一番だね!

IWCのオーバーホールにおすすめの時計修理店

時計修理店は、メーカーで修理・オーバーホールするよりも価格を抑えることができますが、店舗によって技術の差があります。

特に製造が終了しているアンティーク時計や複雑機構を備えた時計は、時計修理店によっては受け付けを断られることもあるため、高い技術力を持った時計修理店を選びましょう。

ここではIWCのオーバーホールにおすすめの時計修理店を3店舗紹介します。

CIEN

IWCのオーバーホールにおすすめの時計修理店は「CIEN(シエン)」です。

CIENでは、元ロレックスの技術者メーカー修理部門の元技術者など高いスキルと経験を持った技術者が多数在籍しており、安心して時計修理を任せることが出来ます。

さらに、研磨による新品仕上げのクオリティーが高い点が特徴です。

ココがポイント

オーバーホールと一緒に新品仕上げを依頼することで、新品仕上げの価格が半額以上安くなるセット割引も行っているので、CIENへオーバーホールを依頼する際は是非利用をお勧めします。

CIENのIWCオーバーホール料金表は下記となります。

種類オーバーホール料金新品仕上げセット料金
クオーツ16,000円23,000円
クオーツ・クロノグラフ28,000円35,000円
手巻き23,000円30,000円
自動巻き23,000円30,000円
クロノグラフ34,000円41,000円
スプリットセコンド要見積り要見積り
永久カレンダー要見積り要見積り

※全て税抜の基本料金となります。

こちらもCHECK
時計修理・オーバーホール専門店の 「CIEN」口コミやおすすめの理由を徹底解説

続きを見る

CIEN公式サイトはこちら

 

WATCH COMPANY

次にIWCのオーバーホールにおすすめの時計修理店は「WATCH COMPANY」です。

WATCH COMPANは、2003年にロレックスなどの高級時計メーカーに技術者として勤務していた職人たちが中心となって2003年に立ち上げた会社です。

東京に2店舗、横浜に1店舗、大阪に1店舗、名古屋に1店舗と、国内に複数の店舗を展開し、年間20,000本もの時計の修理をおこなっています。

WATCH COMPANYの最大の魅力は納期の短さです。多くのモデルの時計オーバーホールで2~3週間の短期納期を謳っています。

WATCH COMPANYのIWCオーバーホール料金表は下記となります。

種類オーバーホール料金新品仕上げセット料金
手巻き23,000円33,000円
自動巻き23,000円33,000円
クロノグラフ35,000円45,000円
スプリットセコンド要問合せ要問合せ
永久カレンダー要問合せ要問合せ
こちらもCHECK
時計修理・オーバーホール専門店の「WATCH COMPANY」口コミやおすすめの理由を徹底解説

続きを見る

WATCH COMPANY公式サイトはこちら

五十君商店

つづいて、IWCの時計修理・オーバーホールしてもらうのにおすすめの時計修理店は、「五十君商店」です。

五十君商店は創業80年の老舗の時計修理店で、IWCをはじめとした時計修理を月間8,000~10,000本の取扱実績があります。

国内外からの部品供給ルートの確保や、熟練技術者による部品の製造ができるため、製造が終了したアンティーク時計や複雑時計にも対応可能です。

高い技術力良質なコストで提供しているのが大きな特徴と言えます。

修理の受付は、

  • 御徒町(東京都台東区)本店
  • 新川崎店(神奈川県川崎市)
  • 本川越店(埼玉県川越市)
  • 大阪四ツ橋店(西心斎橋店)(大阪府大阪市)

の4店舗で行っており、その他ネットでの受け付けも対応しているため、遠方の方でも利用可能です。

IWCのオーバーホール価格は下記の通りです。

タイプ・仕様 オーバーホール料金
パイロットウォッチ(Pilot watch)25,000円~
インヂュニア(INDUNIA)25,000円~
ポルトギーゼ(Portugiese)25,000円~
ポートフィノ(Portofino)35,000円~

愛用の時計を長く使うために定期的なオーバーホールを

ここまでオーバーホールの料金目安と最適な頻度、そして時計ブランドIWC修理・オーバーホールにおすすめの時計修理専門店をご紹介しました。

オーバーホールをせずに長年使い続けていると、破損し修理代金が高額になる場合もあります。

ココがポイント

そのため、壊れていなくても推奨されている頻度でのオーバーホールを行い、破損を未然に防ぎましょう。

メーカーでの修理は高い技術力が強みですが、その分コスト納期がかかるため、できるだけ安価にそして早くオーバーホールを行いたい方は、時計修理を専門に行う時計修理店に依頼すると良いでしょう。

また時計修理店は安いからという理由ではなく、技術力で選ぶことが重要です。

今回紹介した時計修理店は、高い技術力素早く低単価で依頼できるおすすめの時計修理店です。

愛用のIWCを長く使うためにも、定期的なオーバーホールを怠らないようにしましょう。

2020年度最新版 腕時計オーバーホールおすすめ修理店

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

オロロジャイオ公式サイトへ


CIEN

No.2
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込/クレジットカード
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

CIEN公式サイトへ


WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

WATCH COMPANY公式サイト

-ブランドからさがす

© 2020 時計修理ガイドブック