トラブル

ブランド時計の電池交換 どこに依頼する?自分で出来るの?

ブランド時計を長く使用していると、電池が切れて電池交換が必要になります。
電池交換は家電量販店ホームセンター時計修理店などさまざまな場所で対応しています。

しかし一番お得な方法や、安心して預けられる店舗をどのように選べばよいのかわからないという方も多いかと思います。

そこで今回は、ブランド時計の電池の寿命から電池交換におすすめの時計修理店をご紹介します。

ブランド時計の電池の寿命

ブランド時計の電池交換の寿命は、時計の仕組みや機能によって異なります。

例えばシンプルな2針の腕時計よりも、クロノグラフ機能を搭載した腕時計のほうが電池の消耗は早いということは容易に想像できます。

一般的には、2針や3針の時計であれば、2年以上は電池交換の必要がないと言われています。

また電池式時計の回路自体の寿命もあり、10年前後で回路の交換が必要と言われています。

しかし、電池式時計が登場したのは1970年代と、歴史が浅いためこの点は未知数と言えます。

実際丁寧に使用することで数十年前のものでも使用できている時計もあります。

ココがポイント

電池式時計であっても、長く使用を続けるには、日々の丁寧な使い方オーバーホールなどのメンテナンスを怠らない点がコツとしてあげられます。

ブランド時計の電池交換方法4つ

1.メーカーに依頼

ブランド時計を扱うメーカーに依頼する方法です。

メーカーに依頼するメリットはなんと言っても、安心感がある点です。

ココが安心

高い技術力を誇るため、愛用の時計を安心して預けることができます。

しかしその反面、料金は他のサービスよりも高くなります。

また、全国から多くの時計が電池交換や修理依頼として届けられるため、順番待ちが発生し納期も長くかかることが多いです。

ココがポイント

メーカーに依頼する際には、料金や納期を事前に確認しておくのがおすすめです。

2.家電量販店に依頼

家電量販店やホームセンターなど時計を販売している一角で、時計の電池交換に対応してくれている店舗があります。

自宅の近くで手軽に安く依頼できることがメリットですが、電池交換を行う人技術力に差があるデメリットがあります。

ブランド時計はモデルやブランドによって、必要な工具や電池交換の方法などが異なり、中には特殊な工具高い技術力が必要になる場合もあります。

そういった場合に時計に関する知識が少ない技術者にあたってしまうと、時計の不具合に繋がる可能性があります。

メモ

こういったトラブルを避けるため、特定ブランドの電池交換を断る店舗もあります。

家電量販店でブランド時計の電池交換はあまりお勧めはしません。

3.時計修理店に依頼

時計修理を専門に行う時計修理店に電池交換を依頼する方法です。

時計修理店であれば、一級時計技能士といった高いスキルを持った時計技師が在籍しているお店もあるため、安心して電池交換を依頼することができます。

またメーカーで依頼するよりも安い金額で依頼することができるのもメリットです。

ココがポイント

各店舗によって、依頼方法や金額、納期などが異なるため、複数店舗を比較検討するのがおすすめです。

 

4.自分で交換

腕時計を開ける道具があれば、自分で行うことも可能です。

初めて行う場合は、工具や電池にかかる費用が発生しますが、2回目以降は電池代のみになるため、最も料金を安く抑えることができると言えます。

しかし腕時計に関する知識や電池交換の経験がない場合、腕時計が動かなくなるといったトラブルも考えられます。

自分で電池交換を行う場合はすべて自己責任のため、よほど慣れている方でないとハードルが高いと言えるでしょう

ブランド時計の電池交換におすすめの店舗

ブランド時計の電池交換におすすめの店舗が「ザ・クロックハウス(THE CLOCK HOUSE)」です。

全国に266店舗を持つ国内最大の時計専門チェーン店であり、他社やインターネットで購入した腕時計の電池交換を承っています。

3年間の電池容量交換保証を行っており、3年の間に電池が原因で腕時計が止まってしまった場合、保証書を提示すれば無料で電池交換をしてもらうことができます。

またWEB受付と違い対面での対応のため、腕時計に関する気になることがある場合は、直接質問ができるメリットがあります。

  • エルメス:2,980円~
  • オメガ:1,980円~
  • グランドセイコー、クレドール(SS素材):1,980円~
  • タグホイヤー:1,980円~
  • カルティエ:4,000円~
  • シャネル:3,000円~
  • ティファニー:3,000円~
  • ブルガリ:4,000円~
ブランドによっては、その場で電池交換が可能です。防水検査も行っているため、希望する方は近くの店舗に問い合わせてみましょう。

ブランド時計の電池交換に不安がある人はプロに依頼しよ

ここまでブランド時計の電池の寿命や、おすすめの時計修理店をご紹介しました。

ブランド時計の電池交換の方法は、メーカー、家電量販店、時計修理店、自分で交換する4つの方法があります。

まとめ

  • メーカーは高い技術力がありますが、料金と納期がかかる。
  • 家電量販店は安いですが技術力に差があるため、注意が必要。
  • 自分で行うこともできるが、腕時計の不具合が発生する可能性があるため、腕時計に関する知識がない場合はおすすめしません。
  • 時計修理店は、技術力と料金・納期ともに一番バランスが取れていると言えます。

 

今回おすすめした時計修理店は、高い技術力と豊富な実績で口コミ・評判も多く寄せられているため、安心して依頼できます。

適切なかたちでブランド時計の電池交換を行い、腕時計を長く愛用し続けましょう。

以下の修理店もおすすめですよ!

2020年度最新版 腕時計オーバーホールおすすめ修理店

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

オロロジャイオ公式サイトへ


CIEN

No.2
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込/クレジットカード
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

CIEN公式サイトへ


WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代引/銀行振込
価格納期技術

利用者の口コミはこちら >>

WATCH COMPANY公式サイト

-トラブル
-,

© 2020 時計修理ガイドブック