ブランドからさがす

フランクミュラーのオーバーホールおすすめの修理店!並行差別も調査

世の中にある様々な高級時計ブランドの中で、フランクミュラー(FRANCK MULLER)は、「オシャレ」「独創的」といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

この記事では、フランクミュラーの腕時計を所有しているものの、

  • まだオーバーホールを行ったことが無い方
  • 修理依頼先にお悩みの方

に向けて並行差別などの修理を行う上での注意点を解説していきます。

オーバーホールはどこに依頼するかで数万円~の価格差がでます。

フランクミュラーの腕時計をオーバーホールや修理に出す前に、相場価格の把握、業者の比較検討をしっかりと行いましょう。

フランクミュラーとは?

フランクミュラーは1992年スイスの天才時計技師フランク ミュラーによって設立されました。

彼は2020年現在も健在で、日々新しい時計を生み出すべく情熱を注ぎ続けています。

フランクミュラーは創業以来「世界初」と称される腕時計を数多く生み出し続けています。

特徴として、唯一無二のデザイン性が挙げられます。
一目見ればフランクミュラーの腕時計と分かる他社とは一線を画す優れたデザイン性で、性別を問わず幅広い層から高い人気を得ています。

フランクミュラーの代表モデル

ここではフランクミュラーの代表モデルを2種類紹介するよ!

トノウカーベックス

 

 

 

 

トノウカーベックスは、1992年のブランド設立とともに生まれたフランクミュラーの最もベーシックな定番モデルです。

トノウカーベックスの特徴は、曲線で描かれたトノーケース(樽型)とアンティーク時計に多いビザン数字で、他社と一線を画す優れたデザイン性を楽しむことが出来ます。

カサブランカ

 

 

 

 

カサブランカは、1994年に登場したフランクミュラー初のステンラススチール素材を採用したモデルです。

ステンレススチールの採用で従来のモデルに比べ価格を抑え、庶民をはじめ幅広い層にフランクミュラーの支持を広げました。

並行輸入品は5~6割程度の価格で購入できる

フランクミュラーの腕時計は、モデルによっては並行輸入品の割引率が高いブランドとしても知られています。

並行輸入品とは正規ルートとは異なったルートで輸入されている商品で、商品自体は正規輸入品と同様の本物ですが、入手ルートの違いによって正規店とは異なる自由な価格設定を行うことができるのが特徴です。

並行輸入店で販売されている並行輸入品のほとんどは、同じ新品商品であっても正規店の販売価格より安い価格が設定されています。

ココがポイント

フランクミュラーは並行輸入品は、定価の5~6割程度の価格で購入できることから、並行輸入店で購入するユーザーが多いブランドです。

フランクミュラーの並行差別

フランクミュラーは並行輸入品が割安なことで知られていますが、アフターケアなどの場面で正規品と並行輸入品を区別する並行差別」を行っているブランドとしても有名です。

日本におけるフランクミュラーの正規代理店は「ワールド通商」という会社が担っています。
フランクミュラーの正規オーバーホールは、この「ワールド通商」で行われます。

「ワールド通商」では、さらにフランクミュラーの中古品の販売も行っており、正規代理店以外が扱う中古品と明確に差別化を図っています。
この正規代理店が扱う中古品は「正規認定中古品」と呼ばれています。

正規認定中古品は以下のサービスが受けることができます。

  • 1年間の保証
  • 国内正規品と同質のギャランティー(保証書)
  • 純正ボックス
  • 保証期間後の国内正規アフターサービス

フランクミュラーでは、ブランドに付加価値を付けるために厳格な並行差別を行っています。

並行店で腕時計を購入した場合は、正規の修理・メンテナンスを一切受け付けていません。
「購入した店舗に相談してください」と案内されます。

では、フランクミュラー並行輸入品の修理・メンテナンスはどこに相談するのが一番なのでしょうか。

時計修理・オーバーホール専門店なら並行差別はない

フランクミュラーは厳格な並行差別を設けており、正規品以外の並行輸入品は正規サービスにてオーバーホール・修理を受けることは出来ません。

並行輸入品の場合は、民間の修理業者を頼らざるを得ません。

正規品・並行輸入品どちらであっても腕時計を永く使い続けるためには定期的なオーバーホールが必要となります。

フランクミュラーは独自の機構を備えている時計が多いため、技術力のある時計修理店を見極めてオーバーホールの依頼を行う必要があります。
最近ではホームページ内から修理事例の閲覧が出来る修理店舗が増えています。修理実績や修理料金を事前に把握しオーバーホールの依頼を行うことが大切です。

また、正規店で購入したフランクミュラーであっても、民間の腕時計修理業者へオーバーホールを依頼した方が安くすみます。

正規オーバーホールへのこだわりが無いのであれば、民間の時計修理業者へ相談してみることをお勧めします。

フランクミュラーのオーバーホールおすすめの修理店

ここでは、フランクミュラーのオーバーホールに関しておすすめの修理店を1店舗紹介します。
価格が安いだけでなく技術力も伴う修理店ですので、是非検討してみることをお勧めします。

オロロジャイオ

オロロジャイオでは、時計修理に関する国家資格である「1級時計修理技能士」「2級時計修理技能士」を保有している技能士が、修理やオーバーホールの対応を行うため、質の高いメンテナンスを受けることが出来ます。

公式サイトから無料で修理、オーバーホールの郵送サービスに申し込むことが出来ます。

オロロジャイオのフランクミュラーオーバーホール料金表は下記となります。

時計タイプモデル例料金
クォーツロングアイランド等20,000円~
オートマチックカサブランカ、コンキスタドール等25,000円~
3T・クロノグラフマスターバンカー、コンキスタドール等35,000円~
特殊モデルクレイジーアワーズ、ベガス等45,000円~

オロロジャイオ公式サイト>>

フランクミュラーのオーバーホール・修理について

フランクミュラー腕時計のオーバーホールの頻度や料金について紹介いたします。

頻度

フランクミュラーが推奨している腕時計のオーバーホール頻度は3~5年に1回です。

一般的な推奨頻度

  • 機械式時計:2~3年に1度
  • クォーツ時計:4~5年に1度

オーバーホールの期間

見積もり~完成までの期間

  • メーカー:1~2ヶ月
  • 時計修理専門店:3週間

腕時計の状態によって事なりますが、一般的には民間業者の方が短い期間でオーバーホール可能です。

料金

ここでは、フランクミュラーの正規オーバーホール料金と民間の時計修理専門店でのオーバーホール料金の相場を時計タイプごとに比較してみます。

時計タイプ正規サポート時計修理専門店
手巻き66,000円~25,000円~
自動巻き72,000円~35,000円~
機械式クロノグラフ96,000円~40,000円~
クォーツ42,000円~20,000円~
クォーツクロノグラフ66,000円~35,000円~

フランクミュラーのオーバーホールは、正規品・並行輸入品を問わず、民間の腕時計修理業者の方が低価格でオーバーホール可能となっています。

フランクミュラーの腕時計には独自の機構を備えているものが多いため、オーバーホールには専門知識と技術力が必要となります。
民間の腕時計業者をご利用される場合は、信頼のおける業者を選びましょう。

フランクミュラーオーバーホールに関するまとめ

  • 並行輸入品は定価の5~6割程度の価格で購入可能
  • 並行輸入品はメーカー正規のメンテナンスサービスを受けることが出来ない
  • 並行輸入品・正規輸入品にかかわらずフランクミュラーのメンテナンス費用を抑えたい場合は、民間の時計修理・オーバーホール専門店に依頼するのがおすすめ

2020年度最新版 腕時計オーバーホールのおすすめ修理業者

WATCH COMPANY

No.3
料金 (ロレックス)¥23,000~
納期約2週間
保証1年間
決済方法代金引換/銀行振込

利用者の口コミはこちら >>

価格納期技術

おすすめ度

WATCH COMPANY公式サイトはこちら

 

CIEN

No.2
料金(ロレックス)¥23,000~
納期約3週間
保証1年間
決済方法代金引換/銀行振込/クレジットカード決済

利用者の口コミはこちら >>

価格納期技術

おすすめ度

CIEN公式サイトはこちら

 

オロロジャイオ

No.1
料金 (ロレックス)¥18,000~
納期3週間~
保証1年間
決済方法代金引換/銀行振込

利用者の口コミはこちら >>

価格納期技術

おすすめ度

オロロジャイオ公式サイトはこちら

-ブランドからさがす

© 2021 時計修理ガイドブック(全国検索ガイド)